地震に強いとシノケンハーモニーが評判です


地震に強いマンションを建てていると、
シノケンハーモニーが評判です。
では具体的にどれくらい地震に強いのでしょうか?
今回はそのことについて紹介したいと思います。

地震対策で最も重要なのは、地盤です。
どんなに頑丈な住居やマンションを建てても、
その土台となる部分が不安定だと、簡単に傾いたり、
沈み込んだりします。
評判のシノケンハーモニーはしっかりと地盤調査を行い、
その上でその地盤に最も適した工法にて、
マンションを建てています。
しっかりと強固な支持層まで基礎抗を打ち込んで、
大地震が来てもビクともしないマンションを建てることに
努めているのです。

構造に対しても、シノケンハーモニーは評判です。
構造スリットを採用し、揺れに対する耐性を構築させています。
さらに配筋の密度も従来の2倍という贅沢っぷりです。
建物の規模に応じて、適切な構造を取り入れることで、
大地震が来てもヒビすら入らないマンションを作りあげているのです。
そして室内に関しても色々と工夫が持ち込まれており
「落下防止の棚を設置」「ドアが変形しても開く構造」などを採用。
これら様々な工夫を盛り込むことで、
地震対策が優れているとシノケンハーモニーは評判になっているのです。

評判のシノケンハーモニーの耐久性は最高等級の3を獲得しています。
倒壊・半壊、液状化現象はすべて0件です。
東日本大震災の時も、へっちゃらでした。
もちろんシノケンハーモニーの利点は耐震性に限らず、デザイン、
セキュリティ、防火性、耐久性(寿命)、防音性などなど。
どれも高いクオリティを獲得しているからこそ、
シノケンハーモニーは評判なんです。

先月の話ですが、
30年以内に関東で大地震が発生する確率が1%上昇したそうです。
毎年1%ずつ上昇していけば、
30年以内に大地震が発生する確率はかなり現実味を帯びるでしょう。
そしてこの大地震は、前人未到の揺れになる恐れもあります。
マグニチュード9とか襲ってくるかもしれませんよ。
200m級の津波でしたら、23区全部が沈んでしまうかもしれません。
地震や津波に耐えられる住居に住んで、自分の命を守りましょう。



シノケンハーモニーの評判の賃貸管理業務